ペット保険できちんとペットを保護しよう

人間は年を取って辛くしんどいときでも、自分たちで病気の治療のために動くことやお願いをすることができます。
しかしペットはどうでしょうか。言葉は通じず、痛みの原因について伝えたり考えたりすることもできません。そうしたサポートは、きちんと飼い主が行って日頃から注意しておくべきことです。

気がついたら、大切なペットががんにかかっていて手遅れだった、となってしまう場合もありえるのです。動物だから平気、動物だから何にも分からない、ということはありません。
苦しみや痛み、辛さは、人間だから、動物だからということは無いのです。

飼い主とペットは主従関係にあっても、生きる権利については平等です。きちんと、ペットのサポーターとして飼い主は注意を払っておくべきなのです。ペット保険は、そうしたサポートのひとつと言えるのではないでしょうか。

ペット保険の加入、対応している病気やけがについて、しっかりとした情報を収集しておきましょう。
獣医に任せっきり、自分たちはなにもしていない、ではペットがかわいそうです。

ペットも年を取るのです。それは我々人間以上にスピードが速い生き物もいます。きちんとペットへの老後の備えも考えておきましょう。

PAGETOP